メガネが5000円

メガネもお洒落になりましたね

「メガネが5000円?!そんなばかなぁ~…」これが私の最初の印象です。
かれこれ15年以上メガネを使用しています。途中からコンタクトレンズ中心になりましたけど、お風呂に入ってから翌朝コンタクトを入れるまではメガネです。
眠る時は必ず枕元にメガネを置いて寝ます。
いくらコンタクトレンズがメインになったとは言え、メガネがないと非常に困ります。
最近は、メガネもオシャレになってきて、芸能人とかもファッションとしてメガネをかけてますよね。
黒ぶちのださいメガネがなぜだか流行ってたりするんですよね。まぁ、あれは小顔で元が美男美女の芸能人だからこそ似合うアイテムだと思うのですが…。

ワンプライス メガネショップ キャル

私だって、オシャレなメガネが欲しいです。でも、まず最初に値段重視なんですよね。予算が決まってて、予算内で納まるフレームを探す…。どんなに広い店内でも、私が選べるスペースはほんの一部です。
メガネって本当に高いですよね。フレームだけでウン万円して、ここにレンズ入ったら?!と、考えるのも怖くなります。だから、よっぽどのことがないかぎり、メガネは買えません。
でも、「メガネショップ キャル」を知ってから、考えが変わりつつあります。
またの名を「ワンプライス メガネショップ キャル」と言うだけあって、最大の特徴は「メガネが5000円」ということなのです。
フレームだけじゃないんですよ。あるいはレンズだけじゃないんですよ。「フレーム、レンズ、ケース付きセットでメガネが5000円」なんです。
安い理由として、メガネフレームが流通する過程での全てのプロセスをスキップしてるからだそうです。製造してすぐ販売なんです。
メガネショップキャルがオリジナル商品を企画して、自社で製造しているということ。ここの商品は、どれもオシャレなデザインばかりなんです。流行のメガネから、流行に囚われない物まで。
これでメガネ5000円均一は嬉しい限りです。

店頭より安く購入できるネット通販

キャルは関西、特に大阪を中心に展開するチェーン店です。関東にも数軒あります。
東京都千代田区の「水道橋店」、神奈川県の「横浜並木店」が関東の店舗です。
あとは、大阪市茨木市の「三島丘店」、兵庫県神戸市の「六甲道店」、大阪市東淀川区の「南江口店」があります。
そしてなぜか??というのは失礼ですが、オーストラリアのメルボルンにもあります。もちろんオーストラリアでも「均一」にこだわってます。メガネ5000円じゃなくて「150オーストラリアドル」となっています。
海外のメガネ市場はわかりませんが、やはり「店内全品均一価格」っていうのは魅力的のはずですよね。
100円均一ショップみたいなワクワク感がありますよね。
「メガネ5000円均一ショップ」をもっと全国展開してほしいですよね。

メガネが5000円